読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
Sponsored Link

本を買う

タワレコとHMVだったら、タワレコ派だし、紀伊国屋とジュンク堂だったら、ジュンク堂が好きです、あと池袋より新宿が好きです。というわけで新宿のジュンク堂に行って本を買いました。タワレコには行きませんでした。
ジュンク堂は、なんだか、文芸書の棚が減った?気のせいかなー。いろいろ欲しい本はあったけど、住宅事情により、文庫だけ買ったよ。最近本をあまり読まなくなりましたね、昼休みに人とおしゃべりしているせいだろう。
一年に一度くらい、いらない本を売りに行くのですけど、そろそろ整理しないと本当にもう入りきらない、ハゲから借りパクした、いや、あれは借りパクじゃなくて、「読み終わった本はいらないからあげる」って言ってたからくれたんだと思うんですけど、森見登美彦の本とか、売ってもいいかな、いや、せっかくだからとっておこうかしら。読み終わった本がいらないんだったら、伊坂幸太郎とかもくれないかな、自分で買うほどじゃないけどちょっと読みたい。ハゲは森見と伊坂と村上春樹が好きな男の子です、わかりやすすぎてかわいい。
今日買った本は
津島佑子「山を走る女」(講談社文芸文庫
葛西善蔵「哀しき父・椎の若葉」(講談社文芸文庫
「文豪怪談傑作選 小川未明集」(ちくま文庫)
米原万里「パンツの面目 ふんどしの沽券」(ちくま文庫)
久々にじっくり本屋を見たけど、文芸文庫で尾崎一雄の随筆集とか宇野浩二の短篇集とか出ててどきどきした!迷って、結局買わなかったけど……だって高いんだもん、この四冊買っただけでも四千円以上したよ!でも、今ジュンク堂は、レシートの合計金額で一万円買うと500円の図書カードをくれるというので、この機会にホイホイ買ってしまおうかしら。
ところで、わたしは読書が好きだけど、「どんな本を読むの?」って聞かれると、なんて答えたらいいのかわからないので困る。ほとんど小説しか読まないから、「日本の小説を読みます」って答えるけど、「好きな作家は?」って聞かれると本当に困る、仕方がないからそんなときは逆に相手の好きな作家について尋ねて、そこで出てきた作家について話すようにしています。宮部みゆきが好き、といわれれば、「『蒲生邸事件』までは全部読みました」と言うし、会社の男の子が、最近奥田英朗にはまってるんです、と言ったときは「『イン・ザ・プール』を読んだけど、イマイチだった」と言うし、同期の男子が池袋ウエストゲートパークを読んでいれば、「石田衣良の書いた恋愛小説はクソだった」と言うし、ハゲが伊坂と春樹が好きだといえば「伊坂幸太郎って村上春樹を薄めたみたいな感じだよね」と言うし、会社の先輩が佐藤優の本が面白いと言えば、「ああ、外務省のラスプーチンですね!」と知ったような口をきいておきます(佐藤優は読んでません)。この手を使うと相手は喋っているうちに当初の「どんな本を読むの?」という質問を忘れるので、たいへん有効です。

Sponsored Link