読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
Sponsored Link

週刊 無能の人

今日も一歩も外へ出ていない、だって寒いんだもん。寒いから外に出ることが出来ない、外どころか布団あるいはコタツから出ることすらままならない、という事態を理解してくれる人がなかなかいないので困る、でもわたしの好きなハゲだったらきっとわかってくれるはず、彼は「休日に朝起きられないから」という理由でもう何年も実家に帰っていないそうである、たまには実家に帰ったほうがいいんじゃないの?と言うと「おまえ、実家に帰るのがどれだけ大変なことかわかっているのか!朝起きて家から出るのも不可能なのに!」と説教されるのだけど、気持ちはとてもわかる、だからわたしはハゲとだったら結婚したいと思う、普通の男性だとわたしがどんなに寒いから外に出ることが出来ないのだと訴えても理解してくれないだろう。ちなみに暑くても外に出ることは不可能である。
ところでハゲはこれまでわたしのことを「苗字+さん付け」で呼んでいたのに、最近は口をきいてくれる機会があってもすっかり「おまえ」呼ばわりなのだけれど、これは、二人の距離が縮まった、ということなのか、わたしの人間としての価値が一方的に大暴落しているのか、どうなのか、いずれにせよ、今までは「男におまえとか呼ばれたら殺す」と思っていたけど、案外イヤじゃないのは、ドMだからかもしれませんが、ハゲもおまえとか馴れ馴れしい口をきくくらいだったら、もう、「わたしたち付き合ってるんです」ていうことにしちゃえばいいのに!
あんまり部屋が汚いと、ハゲが結婚してくれないかもしれない、と思ったので、少し掃除をしました、あと、iPod用のちゃんとしたスピーカーが欲しい、明日こそは外に出てヨドバシとかに行こう。

Sponsored Link