読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
Sponsored Link

方言萌え

わたしは埼玉生まれ埼玉育ちで父方も母方も三代前から埼玉に住んでいたほどの、いわば埼玉県民のサラブレッドですが、埼玉の方言を喋ることはできません、埼玉の方言を操れるのは、三代前から埼玉に住んでおり、かつ埼玉からほとんど一歩も出ずに育ち、生活している、一部の選ばれし民だけです、わたしはサラブレッドながらも思春期を北海道で過ごし、東京都内の大学に通い、今は東京に住んでいるので、残念ながら埼玉弁を話すことはできません。実家でも埼玉弁を操れるのはおばあちゃんだけだし、わたしも埼玉の方言が具体的にどういうものか、あまりピンとこないのですが、以前小学校の同窓会に出たときに、地元の学校を出て地元で仕事をしている男の子がすごく訛っていたので驚きました。例をあげると、こんなふうです。

「だって、買ったばいだで?」
(だって、買ったばかりですよ?の意)

彼はみんなに「お前なんでそんなに訛ってるんだよ!」と突っ込まれていましたが(そして本人には訛っている自覚はないようでしたが)、地元にずーっといると方言が身につくのだなあ、と感心しました。わたしにはそれが方言であると指摘することはできても自分の言葉としてぽろっと出てくるというのは、あり得ないです、子供のころはもっと訛っていたんだろうなあ。あと札幌に住んでいた頃はまわりにつられて北海道弁を喋っていたはずなのにどうやって喋っていたのか忘れました……。
そんなわけでわたしは仕事中でも実家に帰ってもずーっと標準語を喋っているわけですが、昔付き合っていた彼氏(秋田県出身)に「君は標準語でキツイことを言うから感じが悪い、同じことを言うのでも方言であればもっと愛嬌があるはずだ」と指摘されたことがあり、非常にカチンときました、「感じが悪い」のはあくまでもわたしの性質であるのに、それを標準語のせいにするとは、首都圏近郊出身者に対する差別ではないか!埼玉の女にケチつけるくらいならさっさと秋田に帰りやがれ!おめがだ、がもちょすな!*1
それ以来、わたしは不用意に方言を礼賛し標準語を貶める奴はぶっ殺す、という気概で暮らしておりましたが、去年あたりから宗旨を変えました。方言ていいですよねー!萌えですよねー!なんでかというと、わたしの好きなハゲがわたしと二人だけで喋るときは訛るからですよ!こういうのって萌えポイントじゃないですか!この広い東京砂漠でわたしにだけ心を開いているのに違いない……!(と思っていたら他の同期と三人で飲んだときも訛っていたから、わたしだけじゃなかった……!と思ってギギギとなりました)
そんなわけでわたしも心を開いている証になにか訛りたいのですが、方言を習得していないため、感じの悪い標準語しか喋れません……今更「なまら寒いしょやー」*2とか言えない……!

*1:秋田弁

*2:北海道弁

Sponsored Link