読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
Sponsored Link

いきつけの東方見聞録はもうつぶれてなかった

入社以来、同期とは三週間に一回は飲みに行き、そればかりか仕事中は社内メールで会話をし、終業後は携帯メールで会話をし、同期が「車のキーをなくしたから鍵を開けてくれる業者を探して!」と言い出せばわたしがインターネットで調べてやり、わたしが「好きな男のメアドをゲットしたけど何てメールすればいいのかわからない!」と言えば同期が「じゃあとりあえず天気の話でもしとけ」とアドバイスをする、といったように、いかなるときも支え合って様々な困難を乗り越えてきたわけですが、このところわたしの体調不良により同期飲みを開催することができず、昨日数ヶ月ぶりに同期と再会したのですが、いつも行ってた東方見聞録がなくなって金の蔵になっておったのでびっくりしました、いつも「この店は俺らでもってるようなモンだから」と冗談めかして言っていたのだけど、まさか本当に我々が行かなかったために閉店してしまうとは……大変申し訳ございませんでした……。
その同期とわたしとは、ほとんど同時期に恋人ができたので、その後いかがですか、という話になるのだけど、同期のほうは、彼女がちょっとしたことで不機嫌になるので喧嘩が絶えず、仕事よりも彼女といるときのほうが気を遣う、と言っていたので、我々の業務よりも気を遣わなければならない恋人関係というのは、ハードであろうなあ、と思いました。
わたしは二十代前半くらいの若い女は概ねみなさん頭がおかしい、と思っているので、その子が「ちょっとしたことで不機嫌になる」というのも、あー若い子ってそうだよね、と思うだけなんですけど、自分の若い頃とか振り返ってみても、なんであの頃はあんなに頭がおかしかったのかしら?と思うことがいっぱいありますよね。なにか気に入らないことがあるがうまく言語化して伝えることができず不機嫌になる→男が期待していたようには機嫌をとってくれない→更に不機嫌になり怒る→男からすると何が原因で怒っているのか不明なため理不尽な気持ちになり疲弊、というようなことを散々繰り返した上で破局に至る。その同期の彼女はかなり可愛い子らしいのだけど、年齢が若くて容姿に恵まれた女の子だったら、チヤホヤされて可愛がられるという事態にあまりにも慣れきっているので、そういう扱いをされなかった場合の感情の消化のしかたとかがわからないのも当然だと思うし。
翻ってわたくしどものほうなぞは、あまりにも恋人関係に気を遣わなさすぎて一緒にいると化粧もしないし着替えもしないし風呂にだって入るか入らないかというレベルですよ、と言ったら、「そういうとこはちゃんと気を遣ってよ!」と怒られてしまいました……彼氏にだってそんなこと言われたことないのにすみません……。

Sponsored Link