読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
Sponsored Link

たまプラーザ海峡

たまプラーザから電車で十分くらいのところに住んでいるのですが、たまプラーザという地名(地名?)を知ったのは、中学生の頃、村上龍のエッセイを読んでいたら、「たまプラーザに引っ越した。なぜ、プラザではなく、プラーザと伸ばすのかはまだ調べていない」とか書いてあった気がするんだけど、そうした読書体験によるもので、当時わたしは埼玉県に住んでいたけど、たまプラーザとかは遠い国のことだと思っていたし、大人になってからもそうだったし、つまり、それがわたしがたまプラーザについて知っていることの全てであり、ちなみに、たまプラーザ海峡、というのは面影ラッキーホールの曲のタイトルです。実際にはたまプラーザには海峡はありません。
それで近いのでたまプラーザに買い物とかに行くんですけど、それで初めてたまプラーザがどういうところかわかったわけですけど、まあ一見して「ないわー」みたいな感じですよね、ホント近いからというだけの理由でわたしのような者がやってきてしまってすみません……。埼玉県出身ですみません……。
わたしのように埼玉をこじらせた人間からするとたまプラーザはハードルが高すぎる、埼玉とかぜんぜん好きじゃないけど埼玉にはたまプラーザがないから埼玉はえらい、埼玉はどこまでいっても埼玉なのでたまプラーザ的なものが発生する余地がありません、そういう点で埼玉は高く評価できる、いまこそ埼玉の価値を見直すべき。埼玉をこじらせすぎてあともう少しで「逆に埼玉よくね?」って言えそう。わたしはたまプラーザのない世界で平和に暮らしたい……しかし東急線沿線には埼玉をこじらせた女が平和に生きる権利などないのであった、高円寺はよかった、高円寺は日本のインドなので埼玉とかあまり問題にならないしインドの割にカーストもないので金持ちも貧乏人もヤクザも暮らせるよい街です。神奈川県に来てからは近所に出かけるところもないので家でお菓子ばっかり作っており夫がどんどん太ります。埼玉をこじらせた女と神奈川県のコラボレーションによりうちの夫が太る、というケミストリーすごい。

Sponsored Link