読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
Sponsored Link

メルちゃんの効用

うちの娘は一歳の頃から結構世話焼きのタイプで、猫が不届きをすれば「めっ!」と叱りにいき、買い物袋をその辺に置いておけば買ったものを取り出して持ってきてくれる。おしりふきを持って親の尻を拭いてくれることだってある。そんなに世話焼きが好きなら、と数ヶ月前にお世話人形のメルちゃんを買ってあげた。

メルちゃん お人形セット おせわだいすきメルちゃん

メルちゃん お人形セット おせわだいすきメルちゃん


この手の人形には他にぽぽちゃんというのもあって、ぽぽちゃんは寝かせるとまぶたが閉じる(しかし、白目がない)。メルちゃんは目がリカちゃん人形と同じく顔に描いてあるタイプで、お風呂に入れると髪の色が変わるのである。娘が入浴を拒否することが多いので、お風呂に一緒に入れるのがよかろう、とメルちゃんを選んだ(お風呂対応のぽぽちゃんもあるらしい)。ちなみにわたしが買ったのは人形本体と哺乳瓶とヘアブラシがセットになったものである。

http://instagram.com/p/l3Zo_YQHyO/

娘はメルちゃんのお世話をよくした。ミルクをやり、自分がご飯の時にはテーブルの上に座らせ、ヘアブラシを歯ブラシに見たてて歯磨きもした。お風呂に入るよ!というとメルちゃんを連れてきて自分で服を脱がせて一緒にお風呂に入るようになった(ちなみに最初にお風呂に入れたときは「お湯につけると髪の色が変わる」ということを説明していなかったため、髪がピンクになったメルちゃんを見て娘が「これはヤバイことになったぞ……!」という表情になって慌てていた)。

http://instagram.com/p/mKInybQHx_/

しかし目新しいおもちゃに釣られて入浴するのは最初のうちだけで、そのうちそれだけでは風呂に入らないようになる。そこで最近は、娘が入浴を拒否したときには、メルちゃんを喋らせて誘導している。

メルちゃん「子ネジチャン、オフロ、ハイロウヨ〜!」
娘「ヤダ」
メルちゃん「オフロハイラナイノー?ジャア、メル、オカアサント二人デハイルネ」
娘「……」
メルちゃん「オカアサン、オフロハイロー」
お母さん「はいはい、お母さんとメルちゃんで二人で入ろうね〜」
メルちゃん「デモ、子ネジチャンモイッショジャナイトサミシイヨ〜、子ネジチャーン」
お母さん「子ネジはお風呂入らないんだって。お母さんとメルちゃんで二人で入ろうね」
娘「……」
メルちゃん「子ネジチャン、バイバーイ!オカアサン、ダッコダッコ〜」
お母さん「メルちゃんは甘えん坊ねえ〜」

このくらいやると娘が疎外感を感じて「○ちゃんも〜!」と言って走ってくる(こともある)。あとは洋服を脱がせるときなど、「メルガヤッテアゲルネ〜」と言ってメルちゃんが服を脱がせる態をとることで従順になる(こともある)。歯磨きを拒否するときも「子ネジは歯磨きしないんだって〜。じゃあメルちゃんの歯を磨いてあげるね」とやると娘がやる気になる(こともある)。

http://instagram.com/p/msYK0xwH-0/


というわけで、メルちゃん、イヤイヤ期の子供の誘導にも役に立つ(こともある)のでなかなか良いです。あと人形の服を手作りするのが楽しいなあーと思いました、手芸ができる女に憧れています!


ちなみにメルちゃんはおかっぱ頭の子もいて、こっちの方が可愛かったなあーと思いました。

メルちゃん お人形セット おかっぱヘアメルちゃん

メルちゃん お人形セット おかっぱヘアメルちゃん

Sponsored Link